見積もりのお役立ち情報

聴診器

自分が所有していたけれど、もういらなくなってしまった商品について売りたいと考えた場合、売却をしたらいくらになるのか事前に見積もりをしてもらって、売却の決定をするかの判断をすることがあります。

実際に店舗に行ってしてもらうことができますが、遠くの地域に高く買い取ってくれる店があるかもしれません。

そんな時は宅配を使って商品を送り、いくらになるかをメール等に詳細を送ってもらえるサービスがあり、不満足なら返送してもらえます。

額の妥当性の基準になる

薬

見積もりとは、支払うことになる費用について、おおよその額の提示です。支払う額の数字がはっきりと分からなければ、商品購入やサービスの利用は難しいです。保険サービスを受ける場合にも、その支払額について具体的な数字を得る事が必要です。

サービスのプランは、自由に選ぶ選択肢が増えるほど、支払額の全体像が見えなくなってきます。見積もりで具体的な数字を算出しつつ、さらにそのサービスが金額に見合ったものかどうか、専門家に相談してみるのも有効です。

保険の見積もり相談とインターネットの普及
保険のこととなると、時間を作って営業さんとお話をするイメージがありますよね?

ちいさいお子さんがいらっしゃる方や、お仕事で忙しい方は、時間を作ることが難しかったり、お家に来てもらうことによって、お掃除もしなくてはならなくなってしまいますよね。

しかし、インターネットの普及により、自宅にいながら見積もりや相談が可能になったので、代理店の営業さんとお話する時に出来なかった他社との比較も出来るようになり、自分の空いた時間で自分に合ったプランや会社を探すことが出来るようになったのです。

賢く相談するには

3人家族

相談の仕方もネット環境の整備によって様変わりしてきました。これまでは近場の人にしかできなかったようなことが、全国の不特定の人達に対してできるようになったからです。

そしてネットによるサービスも充実してきました。例えば保険の見積もりに関しても、その人にあったケースとして詳しく算出してくれるために、より充実した内容で提示されることになります。相談ごとも、よりその人に適した答えが返ってくるようになったのです。

保険相談窓口とは

笑顔のオペレーター

無料で利用できる保険相談窓口とは、複数の会社の商品を取り扱う総合代理店が窓口を設けています。

商品が多く複雑で難しいと考える一般の人に、人生設計の専門家であるファイナンシャルプランナーというプロが面談、説明を行い、現在の状況や将来的な予測をもとに利用者にあったプランを見積もりをしてくれます。

また、プランニングだけでなく、契約、契約後のアフターサービスまで行い、一時金の請求、住所や受取人の変更、解約手続きまでも行います。

相談の歴史と今後
相談は問題の解決のために第3者の意見を聞くことで、例としては結婚相手を紹介したり相手を探すための情報を提供するサービスがあります。このサービスの歴史は古く、江戸時代にはすでに肝煎所という結婚媒介業を行う場所があったとされ、今後も同種の業態が続いていくと思われます。

別の例として、保険の契約をする場合、保障の対象や金額、契約者の経済状況や健康状態などから掛け金の見積もりを行いますが、これは無料で相談することもできます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930